利用しないと損する!転職サイトよりも転職エージェントを選ぶメリット7選

てんぱまる
この記事の著者
業界20年目になる特養の施設長。

看取りとグリーフケアの経験を重ねる。
地域密着型サービス外部評価調査員・実務者研修講師・大学非常勤講師としても活動中。

マルチーズが大好き。

【保有資格】
社会福祉士/介護福祉士/保育士/幼稚園教諭二種免許状/公認心理師/第一種衛生管理者/主任介護支援専門員

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

てんぱまる
てんぱまる

みなさんどうもこんにちは。

元介護士で、現役ソーシャルワーカー×心理師の「てんぱまる@tenpa_mal」です。

「転職サイトに登録したけれど、うまくいかない」「一人で転職するのは不安」と悩んでいる方は必見です。

転職する時に本当におすすめなのは「転職サイト」ではなく、「転職エージェント」です。

「転職サイト」と「転職エージェント」は、似たようなサービスであると思われがちですが、実はまったく違うサービスなのです。

今回の記事では、両者の違いを説明しつつ、「転職サイトよりも転職エージェントを選ぶメリット」についてご紹介します。

最後までご覧ください。

目次

結論

まず結論からお伝えすると、転職サイトよりも転職エージェントを選ぶメリットは下記の7つとなります。

転職サイトよりも転職エージェントを選ぶメリット
  1. 求人の質が高い
  2. 求人の紹介を受けられる
  3. 施設・事業所の詳しい情報が得られる
  4. 応募書類の添削や面接対策の協力が得られる
  5. 日程調整・条件交渉を代行してくれる
  6. 退職のサポートが得られる
  7. 自分の市場価値がわかる

自分の条件にあった働き方や年収アップに繋げるためには、転職エージェントの利用が欠かせません。

つまり、転職サイトとの違いをきちんと把握し、転職エージェントの有用性を知っておくことが大切になります。

では、メリットについて順番に解説していきます。

1.求人の質が高い

転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト…質の悪い求人も含まれる
  • 転職エージェント…厳選された求人

転職サイトとはWeb型のサービスであり、利用者が自分で求人を探します。

転職サイトの場合は、サイトにアクセスできる人であれば、誰でも情報を見ることができます。

そのサイト内にある求人は、採用者側(企業側)が転職サイトに広告費を支払うことによって掲載されています。

そのため、他施設・事業所に採用戦略(どんな人材を求めているのか)を知られたくない会社は、転職サイトへ広告を出すことはありません。

その結果、転職サイトには「未経験者」など、安いコストで人を雇うような求人が多い傾向にあるのです。

一方、転職エージェントは対人型のサービスです。

利用者は、転職エージェントにコンサルテーション(相談)の申し込みを行い、自分の経歴・希望を伝えたうえで求人を紹介してもらいます。

採用者側(施設・事業所側)は広告費を払って求人を出すのではなく、転職希望者とマッチングできた場合に、成果報酬としてエージェントへお金を支払います。

転職サイトへの広告掲載費と比べると、エージェントへの成果報酬はかなり高いため、お金のない施設・事業所は、報酬を支払う余裕がありません。

つまり、転職エージェント経由の採用は、採用側(施設・事業所側)にとってコストが高くつくため、「未経験者」ではなく「即戦力になる経験者」を募集する企業が多い傾向にあります。

その結果、転職サイトと比較して転職エージェントが扱っている求人の年収水準は高くなるのです。

また、独占案件・非公開案件にしておくことで、他施設・事業所に知られることなく採用活動を進めることができます。

こういった理由から、求人の質は転職サイトよりも転職エージェントの方が圧倒的に高いと言えます。

2.求人の紹介を受けられる

転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト…自分で探す
  • 転職エージェント…キャリアアドバイザーから紹介を受ける

転職サイトを利用する場合、求人情報を数百・数千もある施設・事業所の中から、自分で条件を絞って検索します。

求人には「風通しの良い職場」「チャレンジしやすい職場」「管理者候補」といった抽象的で、同じような文言が多く並んでいるため、違いがわかりにくい傾向にあります。

転職エージェントでは、施設の種類・職種・資格の必要性等の事情を熟知しているキャリアアドバイザーから、一人ひとりの経歴に合った可能性のある求人を紹介してもらうことができます

そのため、転職サイトよりも圧倒的に効率よく優良な案件と出会うことが可能です。

3.施設・事業所の詳しい情報が得られる

転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト…詳しい情報が得られない
  • 転職エージェント…詳しい情報が得られる(キャリアアドバイザーが協力)

転職サイトでは、興味を持った施設・事業所の情報は自分で集めなければなりません。

施設・事業所が公式HPで公開している情報までは入手することができますが、社内の詳しい事情まで把握することは難しいと言えます。

転職エージェントでは、社内の事情までキャリアアドバイザーが協力して確認してくれます。

「どんな施設・事業所体制で、どんな人がマネジメントをやっているのか」「どんな課題を抱えている施設・事業所で、これから何をやっていきたいのか」など、Webだけでは絶対にわからないような内部事情が手に入るのも転職エージェントの特徴です。

4.応募書類の添削や面接対策の協力が得られる

転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト…自分で対策
  • 転職エージェント…キャリアアドバイザーが協力してくれる

転職サイトでは、基本的に応募書類の添削や面接対策はやってくれません。

中には協力に応じてくれる転職サイトもありますが、専属のキャリアアドバイザーがつくエージェントと比較すると、距離感や温度感が全く違います。

転職エージェントの場合、応募書類の添削や応募面接対策まで本気で協力してくれます

なぜなら、転職希望者と起業のマッチング(採用成立)までいかないと、1円も成果報酬が得られないからです。

中には報酬欲しさに「とにかくどこでも良いから押し込んでしまえ」といったスタンスの悪徳なキャリアアドバイザーもいますが、その時は変えてもらえばよいのです。

優秀なキャリアアドバイザーが味方に付くと、書類審査・面接の通過率が大きく上がります

5.日程調整・条件交渉を代行してくれる

転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト…自分で調整や交渉
  • 転職エージェント…キャリアアドバイザーが代行してくれる

転職サイトでは、求人への応募・面接の日程調整・条件交渉を全て自分でやらなければなりません。

少ない応募であれば自分で管理できますが、たくさん応募している場合には、面接の日程調整や条件交渉するだけで多くの時間を取られてしまいます。

転職エージェントであれば、専属のキャリアアドバイザーにスケジュール管理を代行してもらえたり、条件交渉(最も重要な給与交渉)も間に入ってもらうことができます

特に給与などの待遇面に関して、自分から「もっと給与を上げてください」と伝えるのは、とても心理的なハードルが高いと言えます。

「失礼な言い方になったらどうしよう」「内定取り消しになったらどうしよう」と不安になってしまいます。

企業には直接伝えにくいことでも、キャリアアドバイザーを介することで、自分の希望をはっきりと伝えることができます

6.退職のサポートが得られる

転職サイトと転職エージェントの違い
  • 転職サイト…自分で行う
  • 転職エージェント…キャリアアドバイザーがサポートしてくれる

福祉・介護業界は、どこの施設・事業所でも人材不足です。

よって、入職するよりも退職する方が難しいといっても過言ではありません。

内定が決まっても引き止めにあったり、スケジュール通りにいかないなどの理由から、退職日がズルズルと伸びてしまうことがあります。

そのようなことになれば、内定が取り消されるなど、それまでの転職活動が水の泡になってしまう場合があります。

退職の手続きは、本来すべて自分で行うものです。

しかし転職エージェントを利用することで、「退職手続きの順番」「条件の見直しなどを匂わされた時の対処法」など、退職のノウハウについて、キャリアアドバイザーからの助言やサポートを受けることができます

転職エージェントを利用しながら退職のポイントを押さえ、トラブルのない退職に繋げましょう。

7.自分の市場価値を確かめることができる

みなさんの中には「転職エージェントを利用したら、必ず転職しなければいけない」と思っている方はいませんか?

まったく、そんなことはありません。

わたし自身の転職経験は1回のみです。

しかし転職エージェントは、複数の会社を何度も利用しています。

その理由は「自分自身の市場価値を確かめることができる」からで、転職エージェントを利用する一番のメリットと言えます。

つまり「実際に転職すること」と「転職活動をすること」は、切り離して考えているのです

自分の経歴・資格・スキルは、どのくらいの市場価値なのかを客観的に評価する作業はとても重要ですが、一人では客観的な自分の価値はわかりにくいものです。

転職エージェントの登録・利用により、キャリアアドバイザーによる面談を受け、これまでの経歴・資格・スキルを伝えることで、キャリアの棚卸しを行う機会となります。

キャリアアドバイザーは面談の結果を受け、現在のキャリアで応募可能な求人や適正年収など、あらゆる角度から転職市場での価値を分析し、最適な提案をしてくれます。

自分の市場価値を確かめることができていれば、「もし今の職場を辞めることになっても大丈夫」という安心感を得ることもできます

まとめ

転職サイトよりも転職エージェントを選ぶメリット
  1. 求人の質が高い
  2. 求人の紹介を受けられる
  3. 施設・事業所の詳しい情報が得られる
  4. 応募書類の添削や面接対策の協力が得られる
  5. 日程調整・条件交渉を代行してくれる
  6. 退職のサポートが得られる
  7. 自分の市場価値がわかる

このように、転職エージェントの利用は、実際に転職する時のメリットだけではなく、自分自身の市場価値を確かめることができる「便利なツール」としても活躍してくれます。

みなさんが本気で「転職活動を成功させたい」「自分の希望に合った場所で働きたい」と考えているのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

「実際に転職すること」の前に、まずは気軽に「転職活動」から始めてみましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こころフルネス
404: ページが見つかりませんでした | こころフルネス 介護業界で「転職を成功させたい人」「資格試験に一発合格したい人」を応援するブログです。

この記事の著者

業界20年目になる特養の施設長。

看取りとグリーフケアの経験を重ねる。
地域密着型サービス外部評価調査員・実務者研修講師・大学非常勤講師としても活動中。

マルチーズが大好き。

【保有資格】
社会福祉士/介護福祉士/保育士/幼稚園教諭二種免許状/公認心理師/第一種衛生管理者/主任介護支援専門員

  詳しいプロフィールはこちら

目次